Pocket

pose_doredore_man
「遠くの物が見えにくくなった」
「遠くがぼやけるようになった」


こんな症状が出てきた場合の原因について解説していきます。

遠くが見えないから近視なのかなと思いがちですが、原因はそれだけではありません。
病気が関与している可能性もありますので自分で勝手に判断せずに、見えにくくなったなと感じたらなるべく早く眼科を受診することをおすすめします。


スポンサーリンク

近視によるもの

まず疑うべきは「近視」です。

近視というのは近くにあるものは問題なく見えるのですが、遠くがぼやけてしまう症状のことです。
これは網膜より手前でピントが合うようになってしまっているため起こります。
決して病気ではないので心配はありませんが、遠くが見えないと不便なのでメガネやコンタクトレンズで視力矯正する必要があります。

近視になる原因は遺伝もあるといわれていますが、生活習慣によるところが大きいです。
特に暗いところで本やマンガを見たり、ゲームやスマホを長時間したりするとなりやすいです。

近視には2種類ある

近視といっても2つ種類があります。

  • 屈折性近視
  • 軸性近視

  • 簡単にいうと屈折性近視は治りやすいですが、軸性近視は症状が重く治りずらい近視になります。

    屈折性というのは目のピント調節機能のことですから、水晶体の周りの筋肉を鍛えればある程度回復させることができますが、軸性の場合、角膜から網膜までの長さが長くなってしまっている状態なので治すのは困難であるといえます。


    スポンサーリンク

    遠視によるもの

    遠くが見えないのは近視だけでなく「遠視」も該当します。

    遠視は「遠くがよく見えて、近くが見えない」と勘違いしている人が多いのですが、それは間違いです。
    本当の遠視の症状は「遠くも近くも見えずらい」状態なのです。

    近視は網膜より手前でピントが合うことでなるのに対し、遠視は網膜より後ろでピントが合うことで起こってきます。

    遠視になる原因は加齢によって水晶体の調節機能が低下することも一つありますが、ほとんどの場合は生まれつきです。
    結果、子供に多く見られる症状です。

    赤ちゃんの時は眼球が小さいのでほとんどの場合遠視なのですが、体の成長と共に眼球も大きくなり遠視も解消されていくことがほとんどです。
    しかし、もともとの遠視が強すぎたり、眼球が未発達の状態のままだと遠視が残ってしまいます。

    遠視は遠くを見る時も近くを見る時も無意識でピントを合わせようと頑張るので、とても疲れやすい状態です。
    ですので、目が疲れやすいとか頭痛などの眼精疲労の症状が出てくるケースが多いです。

    子供は大人と違って症状を自分で認識できなかったり、できたとしてもを訴えることができなかったりして放置してしまうことも多いのですが、遠視を放っておくと集中力に欠けたり、視力が育たず「弱視」や「内斜視」なってしまうこともあるので、なるべく早く気付いてあげることが大事です。

    病気によるもの

    遠くが見えにくくなったという症状では近視や遠視が原因の場合がほとんどですが、以下のような目の病気の可能性もあるので自己判断で放っておかず、目の不調を感じたら早めに眼科を受診するようにしましょう。

  • 白内障
  • 加齢黄斑変性
  • 眼底出血(黄斑浮腫)


  • スポンサーリンク

    Pocket