Pocket



色覚とは色を判別する感覚のことを言います。この機能が正常ではない場合「色覚異常」となります。
人が物を見る時、目の網膜にある視細胞の働きによって対象物をとらえることができるのですが、これが何かの原因で機能しない状態のことです。

スポンサーリンク

色覚異常は遺伝?

色覚異常には先天性(生まれつき)のものと後天性のものがあります。
先天性の場合、遺伝によるものと考えられており、現時点では有効な治療方法がありません。症状が及ぶのは両目で、異常の程度があまり変化しないのが特徴です。

生まれつきの異常なので自分では自覚することが難しく、他人に指摘されて分かることが多いです。
2002年までは学校でも色覚検査を行っていたのですが、2003年以降廃止されてしまったので異常に気付くのが遅れてしまうケースが多くみられます。

一方で、後天性となると何かの病気の症状として色覚異常があらわれている可能性があります。この場合、色覚だけでなく視力や視野などにも影響が出てくることがあります。

異常の程度は左右で差があることが多く、病気の状態によって色覚の異常も良くなったり悪くなったりします。後天性の場合は色覚異常を自覚することができます。

色覚異常の種類

色覚異常にも程度によって大きく2つに分類されます。
「色盲」と「色弱」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかし、これは俗語で正式な名称ではないんですね。
いわゆる色盲は医学的には「2色型色覚」といい、色弱は「異常3色型色覚」といいます。

色覚異常は珍しいものじゃない

生まれつきの色覚異常は男性に多く見られ、日本人男性の実に20人に1人の割合で起こっています。
日本国内では300万人以上の人が該当するとされ、それほど珍しいものではないんですね。

ただ、症状の程度にはかなり個人差があり、社会生活に支障をきたす場合もあれば、日常生活にはほとんど影響がなく、検査を受けて初めて自覚する人もいます。

色覚異常でなれない職業は?

まずは航空、輸送関係ですね。
信号灯を識別しなければいけない仕事は重大事故につながる恐れがあるため就けません。

・航空パイロット
・鉄道運転手
・航空、鉄道の整備士
・オートレーサー

その他にも、以下のような職業は厳しいです。

・自衛官
・消防士
・警察官
・獣医師
・看護師
・ふぐ調理師
・生鮮食品を扱う職種
・毒物や劇物を取り扱う職種

あと、完全に制限されているわけではありませんが、印刷業やデザイン関係の仕事では敬遠される傾向があるようです。

スポンサーリンク

色覚異常の検査方法

仮性同色表

色覚異常の人には識別しにくい色の組合わせで構成された表で、主に数字を読み取ります。この検査で分かることは最低限のことで「正常か異常か」だけを区別するものになります。

仮性同色表検査で使用する表は主に3つで、世界で広く使われている「石原表」、東京医科大学のグループによって作られた「東京医大表(TMC表)」、「標準色覚検査表」などがあります。

色相配列検査

少しずつ色の違った「色票」がバラバラに置かれた状態を、色相環に沿って色をきれいに並べていく検査です。一般的によく使われるのは16色の検査ですが、多いものだと85色もあります。
この検査で分かることは正常と異常の区別ではなく、異常の程度を調べる検査になります。

ランタンテスト

名前の通りランタンを用いた検査になります。最初は鉄道関係の信号の識別ができるかどうかを調べる検査としてはじまったものです。
この検査は比較的程度の軽い人を振り分けるために用います。この検査で問題がなければ、かなり軽度だということがいえます。

アノマロスコープ

赤と緑の光を混ぜて黄色にしたものと、最初から黄色の光を比較する検査です。この混ぜた色の割合と本来の黄色の光の強さを調整すると、どこかでこの2つの色が全く同じ色に見えるポイントがあります。これを「均等」とか「等色」といいます。色覚が正常の人はみんな同じ条件で均等になるのですが、異常の人だと違った条件で均等になります。


スポンサーリンク

Pocket