Pocket


人は物を見るときに、通常だと両方の目が見たい物に向いて焦点を合わせます。
ところが、この時に片方の目だけが目標物ではなく違う方向を向いてしまう場合があります。
片方の黒目の向きが正常ではなく外側を向いていたり、内側に寄っていたり、上下にズレているものを「斜視」といいます。「眼位ずれ」ともいいます。

片方の視線が内側に向いてしまう場合は「内斜視」といい、外側に向いてしまう場合は「外斜視」といいます。
また、上下にズレているものは「上下斜視」といいます。
外斜視の多くは間歇性斜視(かんけつせいしゃし)で、通常は正常なのに、ときどき斜視の状態になるものをいいます。これはぼーっとしていたり、眠たい時に起こる程度のものなので、大人になるまで気付かれないこともしばしばあります。


スポンサーリンク

斜視の原因は?

斜視になる原因のほとんどは先天性、つまり生まれつきのものになります。
遺伝が関係あるかということはまだ解明されておらず、研究段階です。

後天性で原因が分かっているものに関しては、主に次の2つがあげられます。

遠視

内斜視に関しては遠視によって引き起こされる場合もあります。遠視の場合は調節性内斜視といい、ピントを合わせようとして内斜視を起こしてしまいます。遠視が原因の場合はメガネなどの矯正をします。

視力の低下

視力の低下によって外斜視になってしまいます。

斜視で起こる障害

子供の約2%は斜視がみられるといわれていて、正しい治療をしないと目に様々な障害が起こってしまいます。
斜視の場合、片方の視線がズレているために両目で物を見て一つに捉える「両眼視機能」が異常です。両目で物を見ることができないので遠近感がつかめなかったり、立体視ができなくなります。また、幼児期の子供の場合、片方の目だけを中心に使っていると、使わない方の目の機能が弱ってしまい「弱視」なってしまいます。

斜視の治療方法

子供が斜視だと気づいたら、必ずすぐに眼科医に相談しましょう。
もし本当に斜視だった場合に、そのまま放置してしまうと物を見る視機能が未発達のまま大人になってしまうことになります。
遅くとも視機能が発達する6歳くらいまでには治療して治すのが望ましいです。

遠視の場合

メガネで矯正すれば、目は真っ直ぐな位置に戻すことが可能です。

それ以外の斜視の場合

遠視以外の場合は手術が必要になります。
手術内容は意外と簡単で、目を動かす筋肉(外眼筋)をずらす手術を行います。この手術は通常だと30分~1時間半ほどで終わります。

手術をすれば斜視は改善しますが、場合によっては少し斜視が残ったり過矯正になったりということがあります。また、再発してズレが戻ってしまうケースもあるので、1回の手術で完全に治らないことも少なくありません。よって2、3回手術が必要な場合もありますが、子供の負担も大きくなるのであまり完璧を求め過ぎないようにしましょう。

治療は早ければ早いほど両眼視できるようになる可能性が高いので、生まれつきの斜視は早く見つけて早く治療がベストです。そのまま放っておくと弱視などが併発し、生活に支障をきたす恐れがあるので、しっかりと治療をすることをお勧めします。


スポンサーリンク

赤ちゃんの斜視

赤ちゃんによくみられるものに偽斜視というものがあります。
これは鼻が低くて、付け根が広いために内側の白目が隠れて内斜視に見えてしまうというものです。
成長して鼻筋が通ってくると正常に戻りますので心配はいりません。

赤ちゃんの目の異常

斜視以外でも赤ちゃんの目の異常にはなるべく早く気づいてあげることが一番です。

  • 目の形や大きさが極端に違わないか?
  • 目がゆらゆら揺れていないか?
  • 角膜や瞳の色が変化していないか?
  • 明るい方へちゃんと視線を向けるか?
  • 黒目は両目とも同じ方向を向くか?
  • 弱い光を眩しがらないか?

  • この他にも物を見るときに目を細めたり、顔をしかめたり。目の前に物があるのに手を出さなかったり。
    このような様子があるときは目に異常がある可能性があるので、早急に眼科を受診するようにしてください。


    スポンサーリンク

    Pocket