Pocket


片目の視野の一部が欠けるという症状、これは目の病気なのでしょうか?
この症状で考えられるのは「網膜静脈閉塞症」かもしれません。


スポンサーリンク

網膜静脈閉塞症とは

目の健康を保つためには目の周辺にある血管の健康がとても重要です。血管を流れる血液は酸素や栄養を届ける役割があるので、その流れが滞ってしまうと様々なトラブルへと発展していきます。網膜に酸素と栄養を送った血液は静脈に入り、そして心臓へと戻っていきます。この静脈が何らかの原因で詰まってしまう病気が「網膜静脈閉塞症」になります。

症状は?

主な症状は視野の一部が欠けるというものの他に急激な視力低下物がゆがんで見えるなどがあります。多くの場合は片目だけに生じます。静脈のどこが詰まったかによって症状は違ってきますが、約8割は視神経乳頭から枝分かれして網膜全体に広がっている網膜静脈が交差した部分で詰まります。この場合だと視野の一部に見えないところが出てきます。これは詰まった先の静脈から出血が起こるためです。血液があふれたところは眼球の中に入ってきた光を感知できないので、その部分の視野が欠けてしまうのです。

網膜の黄斑部に出血やむくみが出てくると視力低下や物がゆがんで見えるなどの症状を自覚するようになります。また、視神経の中を通る網膜中心静脈が詰まってしまうと網膜の眼底一面に出血やむくみが広がり、著しい視力低下が起こります。

原因は?

網膜静脈閉塞症になる原因のほとんどは網膜の動脈硬化です。これはなぜかというと、網膜の静脈は動脈と並行して走っているからなんですね。
動脈というのは血管の壁が厚く、弾力性があるので外力から強い構造になっている一方で、静脈は血管壁が薄く、外力から弱い構造になっています。そのため、動脈硬化が起こると動脈は厚く、硬くなり静脈を圧迫するようになります。結果、静脈が押しつぶされて血流が阻害されるので詰まってしまいます。

この他の理由には、血液がドロドロになって血管が詰まりやすくなる血液粘調度亢進症や糖尿病が原因になることもあります。また、体の免疫システムが破壊されてしまうことで起こる全身性エリテマトーデス結核、目の病気のぶどう膜炎などで血管に炎症を起こし、この病気を発症することもあります。

なりやすいのはどんな人?

網膜静脈閉塞症は50歳以上の高齢者に起こりやすい病気です。血管の詰まりが大きく関係しているので、特に高血圧の持病がある人に多くみられます。高血圧と動脈硬化が深く関係しているというのはみなさんご承知のことでしょう。また、糖尿病も動脈硬化の危険因子の一つでもありますので、糖尿病を持つ人もかかりやすいといわれています。
若い年代の人の場合、動脈硬化はあまり考えられないので、それよりも全身性エリテマトーデスやぶどう膜炎が原因である可能性が高いです。


スポンサーリンク

治療方法は?

まず一番肝心なのは網膜静脈閉塞症を発症する引き金となる高血圧や糖尿病などの基礎疾患を治療していくことが第一です。
そして網膜静脈閉塞症を発症したばかりの時は、まず静脈からの出血を止めたり、滞った血流を改善する薬を使用するのが一般的です。

もし網膜の静脈が詰まった状態をそのまま放置してしまうと新生血管ができてしまうので危険です。新生血管というのは要はバイパスのことです。元からある血管の血流が悪くなったため、その周りに細い脇道を勝手に作ってしまうのです。新生血管はとてももろく、ちょっとしたことで出血してしまいます。
新生血管が膜様に生えると網膜を引っ張って網膜剥離を引き起こしたり、虹彩に生えると非常に治りにくい緑内障を発症してしまいます。
そこで、検査をして毛細血管が詰まっている箇所が確認されたり、新生血管が出来ているのが確認された場合は、硝子体の出血や緑内障の予防のために網膜にレーザー光線を照射する治療を行うことがあります。


スポンサーリンク

Pocket