Pocket

10月10日は「目の愛護デー」です。
祝日法が改正される平成12年より以前は体育の日でもありましたが、今は第2月曜日に移動してしまいましたね。

さて、目の愛護デーとはいったい何の日なのでしょうか。
あまりご存知ない方も多いかと思います。
今回は目の愛護デーの意味や由来についてシェアしていきたいと思います。


スポンサーリンク

目の愛護デーの意味

目の愛護デーは、あらためて目の大切さを知り、健康な目でいられることがいかに幸せかということに思いを寄せる日でもあります。

パソコンやスマホゲームのやりすぎで目を酷使している若者が多くなった昨今、この日はしっかりと目を休ませ労わってあげるようにしたいものです。
睡眠をしっかり摂るのもそうですが、目によいとされる食べ物を摂るのも大切です。
ビタミン類が豊富な野菜や、アントシアニンが含まれているブルーベリーなどの果物を食べるのもいいですね。

目の愛護デーの由来

10月10日の10・10この文字を90度右に回転させると、眉毛と目の形に見えることから目の愛護デーとされました。


出典:http://www.fhs.kanagawa-u.ac.jp

そもそもの始まりは、昭和6年(1931年)に中央盲人福祉協会が制定した「視力保存デー」という活動がきっかけとなりスタートしました。
昭和13年(1938年)には日本眼科医の申し出によって9月18日が「目の記念日」とされます。

戦時中は活動が一時中止されていたのですが、戦後昭和22年(1947年)に中央盲人福祉協会が再び活動を再開し、当時の厚生省が「目の愛護デー」と改称しました。

その後、昭和38年(1963年)のこの日に角膜移植待機患者に死後の眼球をあっせんする公的機関である日本初の「アイバンク」が開設されました。※順天堂アイバンク(順天堂大学)と慶大眼球銀行(慶應義塾大学)


スポンサーリンク

眼鏡の日

余談ですが、10月にはもう一つ「目」に関する記念日があって、10月1日は「眼鏡の日」とされています。これも文字の並びから眼鏡に見立てているのですが「1001」真ん中の並んだ0は眼鏡のレンズで両はしは眼鏡の(テンプル)つるに見えませんか?
昔の人は面白いことを考えるもんですね( ˘•ω•˘ )

そして、10月1日~10月10日までを「目と眼鏡の句間」と呼んでいます。


目の愛護デーのイラスト無料【画像・素材】おすすめ6選

おわりに

このような目の愛護活動は戦前から続いてきているのに、実際に広く認知されるようになったのは本当に最近の話なんです。
10月10日には全国各地で目の愛護デーのイベントが開催されます。厚生労働省や日本眼科会が主催するイベントなどもあります。普段なかなか目を気にかけることはないとは思いますが、イベントなどに参加して目の大切さを知ったり、目のケア方法を学ぶことも大事ですね。

目は人の人生にとってとても重要な意味を持っています。目がはっきり見えるからこそ、生き生きと生活できますし、いろんなことにチャレンジしたいと思えるわけです。目が見えるのは当たり前ではなく、とても幸せで有難いことですよね。
10月10日・目の愛護デーのこの日に、この事を今一度心に感じることが大切なのではないでしょうか。


スポンサーリンク

Pocket