Pocket

パソコンを使った仕事やスマホを見る機会が増えた現代。
目の疲れが慢性的に取れないと感じている人も多いのではないかと思います。

でも、日々目を酷使することが多いので「しょうがないのかなぁ」と思ってしまっていませんか?

もしかしたら、あなたの合わないメガネやコンタクトレンズが原因になっているかもしれません。

メガネやコンタクトレンズを替えてから眼精疲労になるというケースも少なくないのです。


スポンサーリンク

合わないメガネは眼精疲労の原因

shiryoku_megane_guruguru
人は見たものを認識する際に、五感の一つでもある視覚から得た情報を脳へ伝達して知覚しています。
合わないメガネをかけているとその伝達が滞ってしまうので、脳が正常な判断をすることができず強いストレスを感じます。

これが原因で頭痛や肩こりなどの眼精疲労の症状へとつながります。
酷い場合だと吐き気や胃炎などの症状が表れることがあります。

度数が合っていない

自分の目に合わない度数のメガネやコンタクトレンズを使っていると、目がピントを合わせようと頑張るので疲れてしまいます。

目がピントを合わせる時は、レンズの役割を果たす水晶体の周りの毛様体筋という筋肉を収縮させて行っているのですが、合わないメガネを使い続けることで毛様体筋の調整力がどんどん弱まってしまい、ますますピント調節機能が弱まっていきます。

結果、さらに近視を進ませてしまうことになってしまいます。

過矯正はよくない

目が悪い人にとっては「遠くのものまではっきり見えるようになりたい」と思うものですが、メガネを作る際、度数の強すぎるものを選ぶのはNGです。

今はスマホやパソコンなど近くのものを見る時間が長いので、それほど度数の強いレンズは必要ありません。

近視矯正レンズが強すぎることで逆に「過矯正」という遠視になってしまうことがあります。

メガネやコンタクトレンズを使用している人の約80%が過矯正であるといわれていますが、度数の強いもので近くを見ようとすると、目が必要以上の労力を使うことになり眼精疲労を助長することになります。

メガネの重さやフィッティングが合っていない

メガネに関しては度数が合っていないということだけでなく、メガネの重さやフィッティングが合っていないので眼精疲労になるということも考えられます。

メガネをかけたときにその重さを耳や鼻だけで受けているので、単純にかけていない時よりメガネをかけている時の方が疲れるのはいうまでもありません。

その場合、軽いメガネを選んでみたり、フィッティングでなるべく負担の少ないメガネに替えてみるということも考えてみてください。


スポンサーリンク

メガネの選び方

まずは自分の生活環境を考え、どのような状況で使うことが多いのかを把握することが大事です。
近くのものを見る機会が多い人は度数の強すぎるものは選ばないようにしましょう。

メガネを作る際は機械で測った視力検査の結果だけを頼りにするのではなく、ちゃんとした検査師がいる眼科等で正しいを検査してもらい、しっかりと相談しながら選ぶようにしましょう。

ただ、検査師がすべて正しいというわけではないのでそれだけを鵜呑みにせず、自分の感覚も大事にしてください。

メガネの重さでどうしても疲れるとか、左右の度数に大きな差がある人はコンタクトレンズの方がオススメです。疲れにくくなります。


スポンサーリンク

Pocket