Pocket

「目がいい人は老眼になるのが早い」ということをよく耳にすると思います。

これは本当なのでしょうか。

今目がいい人は将来どうなってしまうのか心配になってしまいますよね。


スポンサーリンク

目がいい方が老眼になりやすいのか?

たしかに目がいい人が悪い人に比べて老眼になりやすいというのは事実です。
ですが実際はそこまで極端に差があるわけではないんですね。

目がいい人はもともと遠視ぎみなので、遠くのものや少し近くを見る時にも水晶体を厚くさせているので、その周囲にある毛様体筋を緊張させます。
さらに、より近くのものを見る時になると、もっと水晶体を分厚くする必要があるので毛様体筋を酷使し、目が悪い人よりも筋肉の衰えが早まるということなのです。

また、目が悪い人は老眼になりかけていても気づきにくいということも関係しているようです。

そもそも老眼とは?

book_yomu_mushimegane
年齢とともに体の筋肉や至る所が衰えてくるのと同じく、目の筋肉も衰えることで老眼が起こります。

目のピントを合わせる役割をするのが「水晶体」というところになります。

要するにレンズの働きですね。

人が遠くや近くを見る時に、この水晶体を薄くしたり厚くしたりして眼底にはっきりした像を結ぶことで正常にモノを見ることができます。

ところが、年齢とともに水晶体を支えている筋肉(毛様体筋)が衰え始めることで、水晶体の働きも鈍くなりピント調節機能が低下してしまうと、近くのものに焦点を合わせることが難しくなります。

また、水晶体自体の柔軟性もなくなってくるのでさらにピントの調節機能が弱まってきます。


スポンサーリンク

40歳を過ぎたら気を付けよう

老眼は40歳を過ぎたあたりから症状を自覚し始める人が多いようです。

パソコンやスマホの普及で、どんどん老眼の低年齢化が進んできています。

ただ、「老眼になった」ということをすぐに認めたくない人がいるために、実際はもっと若い時から症状が出てきていることも考えられます。

見えずらくなっているのに見て見ぬふりをしていると、無理にピントを合わせようとして目を酷使してしまうことになるので、逆に老眼の進行を早める結果になってしまいます。

それだけでなく眼精疲労など様々な目のトラブルに繋がる可能性もありますので、早めに対応することが大切です。

近くのものが見えずらくなったなと感じたら、まずは眼科等で検査をして必要ならば老眼鏡を作ってもらうようにしましょう。

老眼の進行を遅くするために、目に効くサプリメントなどでサポートしてあげることも大事です。


スポンサーリンク

Pocket