Pocket


自分の意思とは反して上のまぶたがきちんと上がらずに垂れ下がってしまい、視界がさえぎられてしまうという症状、これは「眼臉下垂」という目の病気です。


スポンサーリンク

まぶたが下がる原因は?

眼臉下垂の主な原因は、先天的にまぶたの筋肉の働きが弱い場合、後天的要素であれば加齢によって筋肉が衰えるものやコンタクトレンズの装用によって生じるもの。さらに、脳腫瘍などの脳の病気による眼筋マヒ、ケガや手術後の要因によって生じるものなどがあります。

症状は眼臉下垂に似ているけど実は他の病気だったという例もありますので、十分な観察が必要になってきます。
例えば高齢の方でまぶたの皮膚が下がってきた場合は「眼瞼皮膚弛緩症」も考えられます。これは単純に加齢によってまぶたの皮膚がたるむことで起こるものです。筋肉の異常によって生じる眼瞼下垂とは異なります。見た目は眼瞼下垂と変わらないので紛らわしいのですが、試しに皮膚を指で持ち上げてみて簡単にまぶたが上がるようなら眼瞼皮膚弛緩症です。まぶたの下がり具合がひどく日常生活に支障をきたすほど視界を妨げるようなら、余った皮膚を切除する簡単な手術をすることもできます。
また、顔面神経まひや眼窩に腫瘍ができて眼球が押されている場合なども眼瞼下垂に見えてしまうので間違われやすいのです。

まぶたが開けづらい症状の改善にお薦めのクリームはこちら

先天性眼臉下垂

先天性というのは生まれつきのもので、片目だけに起こることが多いです。乳幼児が目を開けにくくしている場合は先天性眼臉下垂が疑われます。

これは上まぶたを上げる筋肉の発育が十分でないことが多くの原因となります。下を向いているとわかりずらいのですが、真っ正面を向いたときに、まぶたが垂れ下がって目が隠れ、視野が阻害されるようになります。この状態のまま成長していくと、やや上の物を見ようとした時にあごを上げて見たり、まぶたが上がらないのでおでこの筋肉を使って眉をつり上げたりするようになります。これは明らかに不自然で無理をしている状態なので、何も対処せずに放置してしまうと隠れている方の目を使わなくなってしまい、視機能が発達せず弱視になる可能性もあります。
少しでもおかしいなと思ったら、放置せずになるべく早く眼科で診てもらうようにしましょう。

老人性眼瞼下垂

その名の通り、高齢の人に起こる症状で、たいていは片目から始まって徐々に両目のまぶたが下がってきます。これは老化によってまぶたを上げる働きをする上眼瞼挙筋という筋肉がゆるんでくることによって起こります。この状態になると、なんとなくまぶたが重く感じるようになって目を開けていられなくなるため、無意識的に眉をひそめたり、あごを上げて物を見るくせがついてしまいます。こういったことが続くと日常的に疲れやすくなってしまいます。

老人性眼瞼下垂の治療方法
老人性眼瞼下垂を治すには、一度緩んでしまった上眼瞼挙筋を縫って縮める手術をすることで改善できます。この手術はそれほど難しいものではないので高齢者への体の負担は少なくて済みます。

老人性眼瞼下垂かなと思ったらチェック!
次のような症状が出てきたら眼瞼下垂かその前兆だと疑ってください。
実際にまぶたが下がってきた場合は少し様子を見て眼科で検査をしてもらいましょう。

  • まぶたが重たく感じる
  • 物が見えにくい
  • 目が疲れる
  • 額にしわが増えてきた
  • 目が小さく感じる


スポンサーリンク

その他の後天的な眼瞼下垂

先天性や老人性の眼瞼下垂の他にも後天的な原因によって起こるものがいくつかあります。

コンタクトレンズ眼瞼下垂

最近増えてきたものの一つにコンタクトレンズ眼瞼下垂というものがあります。これはコンタクトレンズを20年以上の長期間にわたって装用している人に多く見られるもので、両目や片目に起こってきます。ときには装用してから1年という短い期間で発症する場合あります。
コンタクトレンズは眼球に直接付けるものですから、使用するときは鏡などで小まめに目の状態をチェックするようにしましょう。もし何かおかしいなと思ったらすぐに眼科を受診しましょう。

内眼術後眼瞼下垂

白内障などの目の手術後にも起こることがあります。これを内眼術後眼瞼下垂といいます。
術後は気を抜かず、定期検診はかかさず行い医師の指示に従うように心がけましょう。

目の病気以外で起こる眼瞼下垂

まぶたを持ち上げる筋肉や眼球運動を司る神経がマヒしてしまう眼球まひによってもまぶたが下がる症状が出ます。眼球まひの原因は脳出血や脳腫瘍など重傷なものが多いです。さらに、ホルネル症候群と呼ばれる交感神経がまひする病気や、難病指定の重症筋無力症などによっても起こることがあります。

眼瞼下垂の治療方法

眼瞼下垂の治療方法ですが、特に生活に支障がないのであれば経過観察でいいのですが、仕事や日常生活が困難になる場合は、まぶたを上げる手術をすることになります。
手術は片目だけだと20~30分程度の簡単なものです。手術後は1週間くらい入院する必要がありますが、あまり体に負担がないので高齢の方でも安心して受けることができます。

乳幼児の治療に関しては弱視にならないようにできるだけ早く手術を受けた方がいいのですが、1歳を過ぎるまでは待つことになります。
ただ、1歳を過ぎて治療を受けたとしても赤ちゃんは成長するたびに顔の形が変わっていくので、目の大きさがアンバランスになってしまうことがあります。その場合は再手術をすることになります。この時期の治療はあくまで応急処置と思った方がよいでしょう。
まぶたの程度が軽いようなら手術時期は焦らず、顔の形が整い眼瞼の筋力もついてくる3~4歳頃まで待ってみたほうがいいでしょう。

ただ、手術をしたからといって眼瞼に筋力がついたり神経の働きが正常に戻るわけではないので、自由にまぶたが動くようになるわけではありません。たとえば、目を閉じた時に手術した方の目が若干開いてしまうというような不自然な部分は残る可能性があることは頭に入れておきましょう。


スポンサーリンク

Pocket