Pocket

smartphone_man_stand
近年、パソコンやスマホの普及で目の不調に悩む人が急増しています。
一昔前は近視になっても20代で進行が止まるのが一般的でしたが、今は目を取り巻く環境が悪化したことで30代40代になっても近視の進行が止まらないということが普通になってきてしまいました。


スポンサーリンク

仮性近視と真性近視

パソコンやスマホをしている時は、ずっと近距離を見ている状態になりますよね。
この時、目のピント調節機能の役割を果たす毛様体筋が緊張し、カメラでいえばレンズの役割を持った水晶体の厚さを変えることで見るものに焦点を当てています。
パソコンなどで長時間近くを見続けると毛様体筋肉が緊張した状態が慢性化してしまい、元にもどりづらくなってしまうのです。
その結果、ピントが近くに合ったままの状態になっているので、遠くのものがぼやけて見えにくくなります。
この状態をいわゆる「仮性近視」といいます。
仮性近視の段階であればケアやトレーニングをすることで視力回復できる可能性があります。

しかし、近視がもっと進行してしまうと眼球自体が変形してしまい、近距離にしかピントが合わなくなってしまいます。
これを「真性近視」といいます。
一度真性近視になってしまうと視力を回復させるのはかなり困難になりますので、目の疲れや不調を感じたら早めのケアが大切です。

また、老眼についても同様で、毛様体筋や水晶体の機能低下が原因になります。
年齢が増すと老化によって様々なところが衰えてくるのは自然なことですが、適切なトレーニングなケアをすることである程度進行を遅らせることは可能です。

近視や老眼を遅らせるトレーニング方法

それでは、以下で近視や老眼に効くトレーニング方法をご紹介していきます。

遠近ストレッチ

遠近ストレッチというのは、近くの物と遠くの物を交互に見て毛様体筋を鍛えたり、緊張をほぐして目の血行を良くするというものです。

やり方はとても簡単です。

  1. まずは壁がある場所に行きましょう。
  2. 壁から約10mほど離れて立ち、壁のどこか一点に焦点を合わせます。
  3. (時計やポスターなど焦点を合わせやすければ何でもいいです。)
  4. 片方の親指を立てて、壁と目の間に置きます。
  5. まず壁の焦点を見て、次に親指→壁→親指というふうに交互に見る
  6. これを10回ほど繰り返します。

このストレッチを「疲れたなぁ」と感じた時にやってみてください。
目安としては1日に2~3回程度です。

パソコン仕事やスマホゲームをした後などは毛様体筋が緊張して疲れているので特に効果的です。
お風呂に入ったときに体が温まってリラックスした状態で行うのもお勧めです。


スポンサーリンク

まとめ

現代人はパソコンやスマホのし過ぎで、かなり多くの人が仮性近視になってしまっています。
「スマホ老眼」という言葉も出てきている有り様です。
近視が進行して真性近視になると元に戻すのは難しいといえます。

今回ご紹介した遠近ストレッチは、目のピント調節機能を持つ毛様体筋の緊張をほぐして血行を良くします。
目の疲れの改善や近視・老眼の予防や進行を遅らせることにもなるのでお勧めです。

最初は目が慣れないのでめまいのようなものを感じるかもしれませんが、慣れてくれば大丈夫です。
毎日少しずつでもいいのでぜひ実践してみてください。

ストレッチの他にも、目に効くサプリメントを飲むこともオススメです。
特にブルーベリーなどに含まれているアントシアニンは目の血行を良くしたり、抗酸化作用によって老化を防止する働きがあるので、目の健康のためにはとても効果的です。
こちらの記事で当サイトおすすめのサプリメントをランキングでご紹介しているのでぜひ参考になさってくださいね。




スポンサーリンク

Pocket