Pocket


「目の充血何とかしたい!」という時ありますよね。
そんな時に素早く充血を解消する方法を知っておくと何かと便利です。

目の充血といっても原因は様々。
目を酷使することが多くなった現代では、様々な要因が絡んでいるので原因を特定するのが難しいこともありますが、一般的に良いとされている対処法を症状や原因別にお伝えしていきます。

参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク


目の疲れ

パソコン仕事やスマホゲームなどを長時間していると、目が周りにある毛様体筋がかたくなってしまい、いわゆる疲れ目になってしまいます。
目の疲労で充血になっている場合は、「目を休ませる」ことが一番です。
仕事の合間のちょっとした時間でいいので、まぶたを閉じるだけでも目を休ませることができます。

でも女性の場合特に、目が充血していると恥ずかしいと感じる人も多いと思いますので、すぐに解消したい場合は「目を温める」といいです。
目が疲れている状態というのは、眼球や目の周りの血流が悪くなっているので、これを解消するには目の周りを温めて血行をよくすればいいというわけです。

濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど温めれば簡単に蒸しタオルが作れますので、それで目を覆って温めます。または市販のホットアイマスクなども使うのもいいでしょう。温度は心地よいくらいの温かさがいいですね。
もし自宅の場合でしたら、適温のシャワーを目に当てるという方法もおすすめですよ。

それから目にいいツボを押すのも効果的です。
後頭部の髪の生え際にある「天柱」というツボや、目頭にある「晴明」、目尻にある「太陽」などのツボを刺激してみましょう。
目にいいツボの場所を詳しく見る

炎症を起こしている

目をこすったり、異物が入ることで目が炎症を起こし充血することがあります。
炎症によって充血している場合は「冷やす」のが一般的です。

異物が入った場合はすぐに洗眼液などで洗って取り除きます。
そのあと、市販のアイマスクや氷などを使って目の周りを冷やしましょう。
あとは「抗炎症作用成分」が入った目薬を差すことも一つです。
もしこれらの対処法で改善せず、充血が酷くなっている場合は「流行性結膜炎」の可能性もあるので、眼科を受診するようにしてください。

充血+痛みがある場合

目の充血だけでなく痛みをともなう場合は「冷やす」ようにします。
温めてしまうと血流がよくなり、逆に酷くなってしまうことがあります。


スポンサーリンク

コンタクトで充血

コンタクトを装用していて充血した場合は、いくつかの原因が考えられます。
長時間の装用やコンタクトが汚れているために炎症を起こしている場合は、まず使用をなるべく控えた方がいいです。もしどうしても付けなくてはいけないのであればコンタクトを清潔にし、「抗炎症作用成分」が含まれる目薬を使用してください。

もう一つの原因としてはコンタクトの使用で目に傷が出来てしまっている場合です。この場合はすぐにコンタクトの装用をやめ、眼科を受診するようにしてください。傷が付いた状態での装用は視力を下げる原因にもなるので絶対にやめましょう。

ドライアイの場合

目が乾燥してドライアイになることによって充血することもあります。
この場合の対処方は、ドライアイ専用の「目薬を差す」ことです。
ドライアイの目は保湿してあげることが有効なので「潤い保持作用成分」の入った目薬がオススメです。
ドライアイに効く目薬のおすすめはこちら

アレルギーが原因の場合

花粉やダニ・ハウスダストなどのアレルゲンが原因で充血している場合は、アレルギーを抑える目薬を差しましょう。アレルギー反応を抑えるためには「抗ヒスタミン成分」が含まれた目薬を使用しましょう。アレルギー症状がおさまれば充血もじきに解消するはずです。

充血が治らない場合

充血の原因も分からず、いろんな対処法を試したにもかかわらず改善しない場合は、何かの病気が関与している可能性も考えられるので一度眼科を受診してみることをおすすめします。

また、体の中から改善する方法として、目の健康をサポートするサプリメントを飲むのもオススメです。
こちらで当サイト一押しのサプリメントをご紹介しているので参考にしてください。
目にいいおすすめのサプリメント


スポンサーリンク

Pocket