Pocket



急に目の前が一瞬暗くなって数分後には元に戻ったというような症状を経験した人もいるかと思います。
この症状は一過性黒内障といって、網膜動脈閉塞症という病気の前触れの可能性が高いです。


スポンサーリンク

網膜動脈閉塞症の症状は?

網膜動脈閉塞症の患者さんの多くは急に片目が見えなくなったり、朝起きたときに片目の一部が欠けているといった症状を訴えることが多いようです。

また、問診をしてみると過去に「目の前が一瞬暗くなったが、数分後には治った」といった一過性黒内障の症状を経験していたケースが多くみられます。

原因は?

一過性黒内症は一時的な血管の詰まりが原因で起こります。血管の詰まりが酷くなって、本格的に血流が滞るようになると網膜の細胞が機能しなくなり網膜動脈閉塞症を発症してしまいます。

網膜には主に2つのライフラインがあって、「網膜血管系」「脈絡膜血管系」という血管の流れから酸素や栄養分を補給しています。この血流がスムーズに流れることで網膜は正常な機能を発揮することができるのです。
このうち網膜血管系の動脈が何らかの要因で詰まってしまうと、血液が途絶えた箇所の神経細胞が機能しなくなってしまうのが網膜動脈閉塞症です。

2つのタイプ

網膜動脈閉塞症は、どの場所の血管が詰まったかによって2種類に大別されます。
1つは視神経内を通る網膜中心動脈が詰まる網膜中心動脈閉塞症です。これは網膜中心動脈が詰まることによって網膜全体に血液が回らなくなるため、突然の著しい視力低下が起こります。

もうひとつは、網膜中心動脈から枝分かれしている網膜動脈が詰まる網膜動脈分枝閉塞症です。この場合は血液が行き届かないのは詰まった場所から先の網膜だけで、それ以外の場所では神経細胞は機能しています。
そのため、網膜中心動脈が詰まったときのような著しい視力低下を引き起こすことはあまりなく、視野の一部分だけ欠けて見えないという症状がよく見られます。
もし、網膜の黄斑部での血流の滞留が起こった場合には、著しい視力低下が起こります。


スポンサーリンク

どんな人がなりやすいの?

網膜動脈閉塞症になりやすいのは、動脈硬化を招きやすい高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかっている人です。

網膜の動脈が詰まってしまう原因として多いのは、網膜の動脈に動脈硬化や炎症、痙攣などが起こった場合、または血液の成分や血流に病的な異変が起こった場合などが挙げられます。

治療方法は?

網膜動脈閉塞症は早く気付いて早く対処していくことがとても大事です。
網膜への血流が40分間途絶えた状態が続いてしまうと、神経細胞や神経繊維が病変してしまうのです。そうなってしまってからだと再び血流が再開しても神経細胞の機能はもとに戻らないといわれています。
ですから、診断がつき次第すぐに治療を開始しないと手遅れになってしまいます。

通常の治療方法としては、まず眼圧を下げて血液の循環をよくするために眼球のマッサージをしたり、黒目の脇に細い注射針を刺して房水を抜いたりします。また、動脈硬化の改善のために血管を拡げたり、血栓を溶かす薬の服用、あるいは点滴などの治療を行います。
もちろん、この病気の原因となる高血圧や糖尿病などに対する治療もしっかり行っていくことがとても重要です。

予防にはサプリメントがおすすめ!

網膜動脈閉塞症など様々な眼病を予防するには、日頃からのケアがかかせません。
体の中から目の健康を作るにはブルーベリーのサプリメントがおすすめですよ!
食事からの栄養だけではまかないきれないので、サプリでサポートしてあげましょう。

当サイトおすすめのブルーベリーサプリメントはこちらです。
→みやびのビルベリープレミアムa



スポンサーリンク

Pocket