Pocket

目にゴミが付いているわけでもないのに、視界の中に小さな虫や糸くずのようなひょろっとした物が見えたりすることがあります。よく青空を見上げるとはっきりと見えて「なんだろうこれは」と不思議に思った経験がある人もいるのではないでしょうか。

結論からいうと、これは飛蚊症といわれるもので、けっして目の表面の角膜が傷付いていたり、ゴミが付着しているわけではないんですね。目の硝子体の中に濁りがあって、その影が網膜上に映ったものなのです。

飛蚊症の見え方は人によって様々で、虫のようであったり、ゴマ状、糸くず状、カエルの卵状、たばこの煙状などで、色も黒や灰色、透明など色々です。


スポンサーリンク

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因はいくつかあります。
大きく分けると2つあって、放っておいても問題ないものと、少し注意が必要なものがあります。
順にご説明していきますね。

治療の必要がない生理的な飛蚊症

加齢によるもの
飛蚊症の多くは加齢によって生じる生理的なものなので、特に治療の必要性はなく放っておいても心配はありません。
若い人でも強い近視の人や打撲をした際に起こることがあります。
その一方で、浮遊物が急激に増えたりした時は重大な目の病気のサインである可能性が高いので、すぐに眼科を受診するようにしてください。

先天性のもの
先天性というのは生まれつき硝子体が濁っている場合です。
通常だと出生の頃に澄んでくるものなのですが、硝子体の一部が透明になりきれなかったことで飛蚊症としてあらわれてくるわけです。

後部硝子体剥離
人の目は普通だと網膜と硝子体は密着しているのですが、加齢や強度近視によってゼラチン状の硝子体が液化してゆるんでしまい、硝子体の後部が網膜から剥がれてしまうことがあります。これを「後部硝子体剥離」といいます。

後部硝子体剥離を起こすと、剥がれた硝子体の繊維カスが網膜に映りこみ、飛蚊症の症状となってあらわれます。この状態になってもほとんどの場合はそこまで心配はありません。ただ、後部硝子体剥離から「網膜裂孔」へと発展する場合があるので少し注意が必要です。

これは硝子体とくっついている部分の網膜が、剥離した硝子体に引っ張られて網膜に穴が開いてしまうというものです。この状態になるととても危険なので、飛蚊症の浮遊物が急激に増えた場合は急いで眼科を受診するようにしてください。

注意が必要な飛蚊症

飛蚊症の症状で、浮遊物が急激に増えたり大きくなった場合は重大な眼病へ発展する可能性がありますので注意が必要です。さらに目の痛みや頭痛、光がちらつく光視症のような症状が一緒に出てきた場合も要注意です。
病状が進行すると視力障害に陥ったり最悪の場合、失明するリスクもあるので急いで受診するようにしてください。

網膜裂孔・網膜剥離
先程も出てきましたが、後部硝子体剥離から発展して網膜裂孔になることもありますが、それ以外にも加齢や強度近視、外傷によっても起こります。
網膜が裂けて孔が開いて硝子体が濁ってしまったり、血管が破れて硝子体出血を起こした場合も飛蚊症の症状があらわれます。この状態になると視野が急に狭くなってしまったり、視力の著しい低下を招きます。

ぶどう膜炎
ぶどう膜炎の炎症が広がって硝子体の中に炎症細胞が増えることで飛蚊症が生じます。この炎症が悪化すると濁りも酷くなり、普通に物を見ることも困難になります。
ぶどう膜炎が重症に発展しやすい目の病気の一つなので注意が必要です。

眼底出血
糖尿病や高血圧によって眼底出血を起こした場合なども飛蚊症の症状が見られます。


スポンサーリンク

治療方法は?

生まれつきや生理的に生じる飛蚊症は心配はありませんが、網膜裂孔やぶどう膜炎によって起こった場合はしっかりと治療していかなくてはいけません。
治療についてはまず安静にすることと、原因となる疾患の治療が先決です。出血がみられる場合は止血剤などで出血を抑えて吸収させます。出血がひどい場合は手術で硝子体切除術を行うこともあります。

硝子体切除術とは?

硝子体切除術は出血などで濁ってしまった硝子体を取り除く手術です。
手術の実際は、まず角膜の周りから特殊な器具を挿入し、目の奥に溜まっている血液や濁った組織、ゼリー状になった硝子体を切除し吸引します。
硝子体というのは眼球の丸みを保つために必要な組織なので、切除した場合その代わりとなる液体やガスを補填することになります。この方法を「硝子体置換術」といいます。

硝子体手術を行った後は、出血や感染症、角膜混濁や網膜剥離などの合併症に気を付ける必要があります。医師の指示をしっかりと守って、しばらくは安静にすることが大事です。

予防と検査について

眼底出血は生活習慣病と深い関係があります。もともと高血圧や高コレステロールだったり、糖尿病や動脈硬化の持病がある人は特に起こりやすいので注意が必要です。

また、40歳を過ぎたら1年に1回は定期検査を受けることをお勧めします。特に高血圧や糖尿病、動脈硬化に関しては血管障害の原因の最たるものになります。目の周囲の血管に障害が生じると重大な視力障害を引き起こしたり、最悪の場合、失明につながる眼病へと発展するおそれがありますので注意が必要です。

ですから、目の健康と日々の生活習慣には切っても切れない関係があります。これらの持病がある、または体の不調を感じているという人は、生活習慣の改善を心がけて様々な眼病を未然に防ぐようにつとめることが大事です。

目の健康を保つためにはサプリメントでサポートしてあげることも一つの方法です。
目に良いといわれているブルーベリーのサプリメントをこちらの記事でご紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。




スポンサーリンク

Pocket