Pocket

目の視力を回復する方法はいたってシンプルです。

  • 目の周囲の筋肉を鍛えること
  • 目の血流を良くすること

  • この2点に集約され、ほとんどの目のトラブルもこのトレーニングを行うことで改善していきます。
    目の筋肉が硬くなったり衰えることで老眼になりますし、血流が悪くなることで黄斑変性症などになります。
    ですから、この2つを意識したトレーニングをすれば視力を良くすることはもちろん、眼病予防効果も期待できますよ。

    今回は、どこでも1分で簡単にできる視力回復トレーニング方法を5つご紹介します。

    トレーニングはできるだけ毎日欠かさずやることが効果を発揮するためには重要です。
    体の筋肉も毎日鍛えることで強くなるのと同じで、目の周りの筋肉や血管も毎日刺激してあげることで活性化し若返ります。
    目の健康のためにもぜひ毎日の日課にしていただくといいかなと思います。


    スポンサーリンク

    まばたき運動

    wink_woman
    目をぎゅっと閉じたり開いたりして目の血流を良くするトレーニングです。
    やり方は簡単です。

    1. 目をぎゅっと閉じる
    2. 目を大きく開けると同時にを見る
    3. 目をぎゅっと閉じる
    4. 目を大きく開けると同時にを見る
    5. 目のぎゅっと閉じる
    6. 目を大きく開けると同時にを見る
    7. 目をぎゅっと閉じる
    8. 目を大きく開けると同時にを見る

    これをゆっくりでいいので1回に2セットほど行いましょう。
    パソコン作業やスマホゲームなどで目が疲れたなぁというときにやってみてください。

    目の周りの血管や筋肉を刺激するので、目の細胞の新陳代謝が活性化し血の流れが良くなります。
    慢性的な疲れやドライアイ解消にもおすすめです。
    →ドライアイの原因や治療方法は?

    寄り目運動

    30~40代で寄り目ができない人は、もう目の老化が始まっているかもしれません。
    普段の生活では意識しないと寄り目をすることはあまりありませんよね。
    ですから、目が老化して目の周りの筋肉が衰えてくると普段しない目の動きが悪くなってきます。
    寄り目ができなかったり、片目だけ寄ってしまったりするのは目の運動能力が落ちている証拠です。

    1. 人差し指を顔の正面に持ってきて、両目の真ん中に来るようにする
    2. 息を吸いながら目を寄せ、寄り目をする
    3. この状態を20秒間キープする
    4. 立てた人差し指を遠ざけたり近づけたりするのを目で追う
    5. これを15回繰り返す

    もしなかなか寄り目が出来ない場合は、息を吸いながらゆっくりとやってみましょう。
    人差し指に意識を集中してゆっくり寄せていけばできるようになるはずです。
    これでも出来ない場合は、奥歯をかみしめながらやってみてください。
    これで大抵の人はできるようになります。

    寄り目が普通にできる人は人差し指を離したり近づけたりするスピードを徐々に早めていきましょう。
    これによって目の血流が良くなり眼球視力が良くなるだけでなく、動体視力や瞬間視力、深視力なども一緒に鍛えることができます。
    寄り目は老眼予防にとても効果的なトレーニングです。
    できるだけ毎日かかさずやるようにして、老眼になるリスクを減らしていきましょう。

    動体視力を高めるトレーニング

    動体視力を高めることも目の若さを保つためには重要です。
    実は外を歩いている時でも動体視力を鍛えることはできます。
    例えば、電車が走っているのを目で追うだけでもトレーニングになります。
    あとは空を飛ぶ鳥を目で追うのもいいと思います。

    train_green

    自宅で座った状態でも簡単にトレーニングできます。

    1. 親指を立てて目の前方30cmに置き、親指の爪を見る
    2. 親指を上下に素早く動かして、その動きを目だけで追う
    3. 親指を左右に素早く動かして、その動きを目だけで追う
    4. 親指で「」の字を描きながら素早く動かし、目だけで追う

    このトレーニングをそれぞれ10秒ずつ行いましょう。
    最初はゆっくりからでいいいので、慣れてきたらだんだんとスピードを早くしていきます。


    スポンサーリンク

    一点凝視トレーニング

    一点を見つめるトレーニングは、水晶体の周囲にある毛様体筋を鍛える運動です。

    1. 見つめる対象物を決め、その一点を凝視する
    2. 視線を変えず一点を見つめたまま、にゆっくりと顔を向ける
    3. 視線を変えず一点を見つめたまま、にゆっくりと顔を向ける
    4. 視線を変えず一点を見つめたまま、円を描くように顔を動かす

    ポイントはピントを外さないように集中してやることが大切です。

    明暗順応力トレーニング

    明暗順応力というのは、目が明るいところや暗いところに順応する力のことです。
    この能力が落ちると暗いところでの視力が低下し、細かな判別がしづらくなります。

    明暗順応力を高めるには、天気のいい日に外で日光浴をすることがとても効果的です。

    tenki_mark01_hare
    1. ベンチなどに座って目を閉じます
    2. 目を閉じた状態で30秒間ほど陽の光を浴びます
    3. 両手でまぶたの上を覆い、真っ暗な状態にしてさらに30秒間保ちます。
    4. 明るい暗いの状態を1セットとして5回繰り返す

    bench_woman
    目を閉じた状態で陽の光を浴びることで瞳孔が閉じて、手で覆って暗くすることで瞳孔が開きます。
    これを繰り返すことで瞳孔を開閉する能力を高めることができます。


    スポンサーリンク

    Pocket