Pocket

涙は結膜や角膜についたゴミやほこりを洗い流したり、血管のない角膜に酸素や栄養を供給するという大事な役目を持っています。この涙が何らかの要因で著しく減少したり、涙の質が低下したりすることで十分に角膜を潤すことができなくなる状態をドライアイ(乾性角膜炎)といいます。
ドライアイになると涙で目を保護することが出来なくなるため、目の表面が傷付いて障害を起こしてしまいます。

このように本来のドライアイは病的な要因で障害が起こるものですが、目が乾きやすいとか仕事柄パソコンを見る機会が多いということであれば、眼精疲労や一過性の乾き目であることが多いです。


スポンサーリンク

ドライアイの原因

ドライアイの主な原因は2つあります。
涙の分泌量が減少することと、分泌はされても蒸発量が多いので乾いてしまうというものです。

涙の変質・量の減少
加齢やシェーグレン症候群・降圧剤や精神安定剤などの薬の副作用、極度のストレスなどによって、涙の量が低下したり涙液が濃くなることがあります。

加齢とともに涙の質や量が低下してしまうというのは生理的な減少ですので避けることはできません。
また、ストレスは自律神経の働きを抑制し、涙液の分泌を低下させます。

まばたきの減少
パソコン作業やスマホゲーム、車の運転や細かな作業などによってまばたきの回数が減ること。

まばたきは目に新しい涙を送り出すポンプの役目を果たしているので、まばたきの回数が減ってしまうと涙の分泌を減らすことになってしまいます。まばたきは目の乾燥を防いでくれる大切な反射運動なのです。

pose_necchuu_computer_man
環境の変化
部屋が乾燥していたり、大気汚染などによって目の表面が乾燥してしまうこと。

部屋が乾燥していると涙が分泌されてもどんどん蒸発してしまい、目を潤すのに涙が間に合わなくなってしまうのです。

目が乾きやすいなどの症状を自覚したら、しっかり目を休ませてあげることと、防腐剤なしの目薬でこまめに対処していくことが大切です。


スポンサーリンク

ドライアイの合併症

ドライアイ自体よりも、目が乾燥することによって起こる目の病気に注意していかなくてはいけません。冒頭でも少し触れましたが、涙は目に酸素や栄養を送ったり、乾燥を防いで目を保護する役目があります。涙が減少して目が乾き、保護力が低下すると目の表面が傷つきやすくなります。

角膜や結膜が傷ついてしまうと細菌感染して炎症を起こしやすくなります。角膜に細菌や真菌が感染して角膜潰瘍を起こすと激しい傷みが生じます。また、視力の低下などもみられ、しっかりとした治療を受けないと失明の危険性も高まりますので、症状の改善がみられない場合は放っておかずに早めに受診するようにしましょう。

ドライアイの治療と対策

ドライアイの症状は軽いうちであれば目薬の点眼で症状の改善はみられます。保湿成分のヒアルロン酸ナトリウムが入ったもので、防腐剤なしの目薬がお勧めです。防腐剤入りのものは目に刺激を与え、逆に症状を悪くしてしまうこともあるのでなるべく避けましょう。
→ドライアイに効く市販のおすすめ目薬を比較ランキング!口コミや評判は?

また、エアコンをかけている部屋では加湿器を点けたり、濡れタオルをかけるなどして乾燥を避け、しっかりと湿度を保つなどのたい対策が必要です。
パソコン作業をするときはモニターを目より下の位置にして上目遣いにならないようにしたり、意識的にまばたきの回数を増やすようにしましょう。パソコンやスマホの画面と目の距離は40cmほど離して見るように心がけてください。

目が乾燥して激しく痛む、まぶしさを感じる、かすむなどの症状が改善しない場合は早めに眼科で受診するようにしてください。


スポンサーリンク

Pocket