Pocket

目がぼやけて物が見ずらい

こんな症状でお悩みの方もいるかと思います。
パソコン、スマホ時代なので仕方ないのかなぁと諦めていませんか?

目がぼやける原因は様々あり、疲れ目だけではなく病気になりかけているサインの可能性もあるので少し気を付けたほうがいいです。

それでは詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク

目の疲れでぼやける

allergy_me_kayui
スマホなどの液晶を長時間見たりして目を酷使すると、ピントを合わせる機能を持った水晶体の働きが悪くなり目がぼやけることがあります。

このピントを合わせるという動作は水晶体の周りにある毛様体筋という筋肉が伸びたり縮んだりして調節しているのですが、毛様体筋が疲れてきて動きが悪くなるとピントが合わせづらくなるということです。

スマホなど近くの物をずっと見ていると毛様体筋が常に緊張している状態になるので、そこから遠くのものを見ようとするとぼやけたりかすんだりしてしまいます。

対策としては、とにかく目を休ませてあげることです。
そして、ずっと近くばかりを見るのではなくて、定期的に遠くを見るようにして目の緊張を解いてあげましょう。

あるいは、目の周りをマッサージしてほぐしてあげることもいいですね。

年齢の増加によるもの

年齢とともに体のあらゆる部位が衰えていきます。
目の筋肉も例外ではありません。

目のピントを合わせる働きの毛様体筋が衰えれば、視界がぼやけるという症状が出てきてしまうのはある程度仕方のないことです。

この場合の対処法は目の周りを温めたり、目によいサプリメントなどで栄養をサポートしてあげることも有効です。

ドライアイによるもの

ドライアイも原因の一つに挙げられます。
目が乾燥して涙の量が減ったり涙の質が低下すると目がぼやけたり、かすんだりすることがあります。

目の表面には小さなデコボコがあるのですが、通常だと涙が表面を覆ってくれているので入ってくる光をまっすぐに通してくれるのですが、涙が極端に減ってしまうとその凹凸がむき出しになり、光が屈折して入ってくるので調整がうまくできなくなるのです。

表面がむき出しになるということはそれだけ傷付きやすい状態だということでもあるので、なるべく早く対処するようにしましょう。

市販の目薬などを試してみてそれでも改善しない場合は眼科に行って診てもらうことをオススメします。

コンタクト装着によるもの

コンタクト自体が汚れていたり、長時間の使用もぼやける原因になります。

また、使用期限が過ぎたコンタクトを付けたり、装着したまま寝てしまったりなどを繰り返しているとコンタクトに雑菌が繁殖してしまい様々な目のトラブルに繋がりますので避けましょう。


スポンサーリンク

病気の可能性もある

白内障によるもの

白内障は目の水晶体のタンパク質が濁ったり固くなることでおこる目の病気です。
症状としては視界が白濁してぼやけてしまいます。

高齢の方に多い病気で80歳以上だとかなりの人が白内障の症状を訴えています。

白内障のほとんどが加齢性によるものなので、初期段階では極端に見えなくなるということはないので少し経過を観ていきましょう。
症状が進むようなら一度眼科で診てもらってください。

初期段階では目薬が処方されて病気の進行を遅らせる処置をします。
症状が悪化してしまった場合、水晶体の濁りを完全に解消するには手術が必要になります。

緑内障によるもの

40歳を過ぎたらなりやすいといわれているのが緑内障です。

眼圧が上がって網膜の視神経が圧迫されることで、だんだんと視界が狭くなってくる病気です。
症状は目のぼやけ、かすみ、頭痛などを伴うこともあります。

緑内障の特徴は症状の進行がとてもゆっくりであるということです。
なので、初期段階では自覚症状がないので発見が遅れがちになります。

症状が悪化すると失明する可能性もあるので「なにかおかしいな」と感じたら、なるべく早く眼科にかかって治療するようにしましょう。

目がぼやけたときの対処法

白内障や緑内障などの場合は眼科を受診しなければいけませんが、それ以外なら自分できる対処法があります。
多くの場合、水晶体の毛様体筋が緊張していることでおこってくるので、それをほぐしてあげることがとても効果的です。

まず、蒸しタオルで目の周りを温めてあげましょう。
温めることで血流がよくなり老廃物の排出を促してくれるので眼精疲労の改善になります。

それから、目の周りをマッサージするのもオススメです。
眉毛やほお骨の上についている筋肉を指先を使って円を描くように優しくマッサージします。
こめかみもクルクルとほぐしていきます。
顔の皮膚はとても繊細なので強くこすらずに優しく行うようにしましょう。

あとはカラダの中から改善していくことも大事です。
目に良いとされるアントシアニンやルテインなどを積極的に摂るようにしましょう。

アントシアニンはブルーベリーなどに含まれている栄養素ですが、毎日ブルーベリーを食べるのはちょっと大変だと思いますのでサプリメントを活用するのがオススメです。

サプリメントは薬ではなく自然食品なので安心して飲むことができます。

いろいろなセルフケアをしてみたけどなかなか改善しないという場合は病気が関与している可能性もあるので、なるべく早めの受診をオススメします。

目は本当に大事なので放っておかずにしっかりとケアしていきましょう。


スポンサーリンク

Pocket