Pocket

老眼と聞くと60~80歳くらいの年齢の人がなるものだというイメージがあるかと思います。
一昔前はたしかにそうだったのですが、今はスマホやパソコンの普及で弱年齢化してきているのが現状です。

一般的には40代くらいから自覚症状が出てくるケースが多いのですが、早い人だと30代で老眼になる人も増えてきています。

最近は若い人を中心に「スマホ老眼」になる人が急増しているのだとか。

スポンサーリンク

スマホ老眼とは?

pose_necchuu_smartphone_man
「スマホ老眼」というのは読んで字のごとく、スマートフォンの画面の見すぎで目のピント調節機能が低下し、夕方ごろには老眼と同じような症状になってしまうというもの。

スマホ老眼になる原因は?

スマホ老眼になってしまう要因は、まず至近距離のものを長時間見続けるということが一つです。
近くのものをずっと見ていると目の水晶体の周りにある毛様体筋が常に緊張した状態になるため、かなりの負担がかかってしまいます。
これが原因でスマホ老眼や眼精疲労などになってしまうのです。

もう一つは、スマホの画面から出ているブルーライトが目によくないということです。
ブルーライトは目に見える可視光線の中でも最も強い光です。
この強い光が目の調光機能を持った虹彩筋を酷使させてしまうのです。

スポンサーリンク

誰でもできるスマホ老眼予防の対策方法

computer_blue_light
、スマホの長時間の使用を控える。

、画面を見る時は約40cmほど離して見る。

、画面の明るさを控えめにする。
(光の強さを弱めるだけで目の負担が減ります)

、ブルーライトカットのメガネを着用したり、画面にフィルムを貼る。

、1時間に1回ほど休憩を入れる。

、目の周りの筋肉を指先で軽くマッサージする。

、小まめに遠くを見たり、瞬きをするようにする。

、毛様体筋のトレーニングをする。
(顔を動かさず目を上下左右に動かしたり、近くと遠くを交互に見る)
老眼防止のトレーニングにおすすめのスマホアプリはこちら

スマホ老眼は一時的に老眼の症状になるというものですが、若いうちから本当の老眼になってしまうと普段の生活が本当に煩わしくなってしまいます。そうなる前にできるだけ目を労わってあげてください。

老眼は目の老化現象ですから、毛様体筋が衰えたり、水晶体の弾力性がなくなることで起こります。日頃から目を酷使している人は特に要注意です。
先ほどのアプリなどを利用したりしてなるべく毛様体筋を鍛えるようにしてください。

あとは水晶体が硬くならないように紫外線をなるべく避けるようにしたり、栄養のある食事をすることを心掛けるといいですね。目にいいサプリメントを飲むのもオススメです。


スポンサーリンク

Pocket