Pocket

近視というのは、近くのものは見えるけど、遠くが見えにくくなる「目の病気」です。

よく見える状態を「正視」といいますが、これは近くでも遠くでもしっかりとピントを合わせることができ、対象物を鮮明に見ることができます。

通常、角膜で捉えた光を目の水晶体の屈折によってクリアに見えるようにして、網膜でピタリと像を結ぶようにしています。これが、なんらかの原因によって網膜よりも前で像が結ばれてしまい、遠くのものにピントが合わなくなってしまっているのが「近視」です。

これとは逆に、網膜よりも後ろで像を結んでしまうのが「遠視」となります。遠視は近くにも遠くにもピントが合わなくなります。


出典:http://myopia.jp


スポンサーリンク

近視には2種類ある

近視といってもその原因によって2種類あります。
一つは水晶体の異常によって生じる「屈折性近視
もう一つは、眼軸という目の長さが伸びてしまうことで起こる「軸性近視」といわれるものです。

屈折性近視

屈折性近視は、通常伸び縮みしてピントを合わせる役割を持った水晶体が伸びなくなり、遠くが見えにくくなってしまうものです。よく仮性近視といわれるものがこれに当たります。

近くをずっと見ていたり、目を酷使したりすることで、目の周りにある毛様体が痙攣して、水晶体の動きが悪くなることが原因となります。最近だとスマホの普及によって近くの画面を長時間見ることが多くなったことで、このような症状になりやすくなっています。ただし、このような症状は一時的なものがほとんどで、毛様体の痙攣を止めれば治るとされています。治療には痙攣を止めて水晶体の緊張をほぐす点眼液を使用したりします

軸性近視

2つ目の軸性近視は、「眼軸長」が長くなってしまうことで起こる近視です。
こちらの方が深刻です。

眼軸長とは角膜の頂点から網膜までの眼球の長さのことをいいます。
眼軸長の長さは一人一人違いますが、日本の成人の平均眼軸長は24mmほどです。
これが数mmでも伸びてしまうと目の奥で像を結ぶ働きをする網膜までの距離が長くなってしまい、ピントが合わせにくくなってしまうのです。
眼軸長が一旦伸びてしまうとこれを戻すのは難しいので、伸びないように予防することがきわめて重要なんです。


スポンサーリンク

近視の進行を止める方法はある?

最近、近視の予防や進行抑制に効果があるものが発見されました。
慶応義塾大学の坪田一男教授らの研究によって「バイオレットライト」という光があることが分かったのです。

バイオレットライトは太陽光から発せられる360~400ナノメートルに位置する波長の可視光線で、特に380ナノメートルの光が近視の抑制に効果があるというのです。
このバイオレットライトはLEDなどの照明からは出ていないので、これを浴びるには屋外に出て太陽の光を浴びることが一番いいということです。ただ、紫外線を気にしてサングラスやメガネをかけてしまうと、バイオレットライトまで遮断してしまうのでほとんど意味がないのです。

つい最近ですが、紫外線をカットしてバイオレットライトを透過してくれる「JINSこどもレンズ」というメガネレンズが発売されました。お薦めです。

詳しくはこちらの記事へ
バイオレットライトには近視抑制効果あり!おすすめのメガネ&レンズメーカーは?


近年、世界中で近視人口はますます増加の一途をたどっています。
その数は世界の約3分の1の人口である25億人といわれています。
スマホやゲームのし過ぎで目が悪くなる子供もどんどん増えてきていますよね。

このバイオレットライトの研究とバイオレット透過レンズは、今後の近視の予防・抑制にきっと役立つことでしょう。これからの発展に大いに期待しましょう。


スポンサーリンク

Pocket