Pocket

「両目の視界が白くなる」
「片目が白くなる」


このような症状が出てきた場合、もしかしたら白内障など病気のサインかもしれません。
その原因と対策についてシェアしていきたいと思います。


スポンサーリンク

白内障

eye_hakunaisyou
視界が白くなるという症状で真っ先に思い当たるのは白内障ですね。
80歳以上の高齢の方はほとんどが白内障になっているといわれていますが、近年ではだんだんと低年齢化してきています。
その原因の一つには、スマホやパソコンなどの普及により目を酷使する機会が増えたからというのがあります。
また、ベーチェット病やアトピーなど病気の合併症や遺伝などで若い人が白内障になる場合もあります。

白内障になると水晶体自体が白く濁ってしまうので、目薬などで進行を遅らせることはできても完全に治すには切開手術をするしか方法はありません。
術後に再発した場合はレーザー治療が可能になり、わりと簡単に治療することができます。

白内障は視界が白くぼやけたり、霞むといった症状の他、光が眩しく感じる(グレア)や見えづらいことでストレスや疲労感を感じやすくなります。
本や新聞などの字を読むのも満足にできなくなったりと、何をするにも億劫になります。

歳をとってからならまだしも若いうちに白内障になると普段の生活が困難になり、とても憂鬱になってしまいます。
ですので、そうなってしまう前に対策をしていくことが大切です。

白内障の予防・対策方法

紫外線・赤外線を避ける
紫外線は老眼だけでなく白内障の原因にもなります。
紫外線が当たると活性酸素が発生し、それが原因で目の奥の不飽和脂肪酸が過酸化脂質へと変わり、水晶体が白く濁ってしまいます。
また、ガラス職人などのように強い赤外線(熱線)を常に浴びている人は白内障になりやすいといわれています。
一般の人であれば太陽から受ける紫外線を避ける対策が必要になってきます。
外を歩くときはサングラスをかけたり、日傘を差したりするのがオススメです。

栄養をしっかり摂る
【アントシアニン】
目に効く成分として広く知られています。
アントシアニンはポリフェノールの一種で強力な抗酸化作用があり、視力回復や眼精疲労の改善に効果があるといわれています。
ブルーベリーやカシス、赤ワインなどに多く含まれています。

【ルテイン】
ルテインはカルテノイドの一種で、これも強い抗酸化作用があります。
光を遮る作用もあるので、紫外線から酸化を防ぐ効果もあるんです。

【ビタミンC】
強い抗酸化作用があり、水晶体や角膜の修復を促す効果があるといわれています。
フルーツや緑黄色野菜などに多く含まれています。

タバコは吸わない
タバコに含まれるニコチンやタールは、抗酸化物質のビタミンCを壊してしまいます。
タバコを1本吸うだけで約50mgものビタミンCが体から失われてしまいます。

喫煙者は普通の人の3倍も白内障にかかるリスクが増加するといわれています。
白内障を予防するのであれば禁煙するか、なるべく本数を減らしていくことが賢明です。


スポンサーリンク

虹彩の炎症かも!?

片目だけ視界が白くなる場合はパソコンなどの強い光が原因で目の虹彩(こうさい)がトラブルを起こしている可能性があります。

虹彩は目の角膜と水晶体の間にある薄い膜のことで、網膜に入ってくる光の量を調節する役割を持っています。
パソコンやスマホなど強い光を長時間浴びたり、ストレスや過労が原因でこの虹彩が炎症を起こしてしまうことがあるのです。

対策方法は?

まずは目を休ませることが第一です。
パソコンやスマホの画面から出ているブルーライトは可視光線の中でも一番強い光です。

虹彩のトラブルは仕事でパソコン作業が多い人に多く見られます。
なるべく画面を見る時間を減らすことが大事ですが、仕事であればそうもいってられませんよね。
ですから、ブルーライトカットのメガネやフィルムを貼るなどの対策が必要です。

また、虹彩のトラブルでも白内障と同様、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大事です。
なかなか改善せず症状が悪化していくようであれば早めに病院で受診するようにしてください。


スポンサーリンク

Pocket