Pocket

突然、白目の部分からゼリー状のものが出てきたらかなりビックリしますよね。
これって何かヤバい病気?」と焦るかもしれませんが、大抵の場合は結膜浮腫という目の疾患で、これは良性のものですのでそこまで心配はいりません。
時間の経過とともに改善していきます。


スポンサーリンク

ゼリー状のもの

白目の一部、または全部がこのような状態になった場合「結膜浮腫」または「結膜嚢腫(のうしゅ)」という目の疾患の可能性が高いです。

結膜浮腫とは?

結膜浮腫は白目の下にある結膜に水が溜まることで起こる疾患です。
この水ぶくれがぶよぶよのゼリーに見えるということです。
症状がひどくなると大きく腫れて目から溢れてしまい、まぶたが閉じられなくなることもあります。

原因

原因の多くはアレルギーで、アレルギー性結膜炎の人によく見られる疾患です。
花粉やハウスダスト、ダニの死骸やほこりなどが要因になってきます。
また、目を触ったり強くこすったりすると急に症状が出てくることがあります。
マツエクをしている女性は特に注意で、泣いたり目をこすることで接着剤が目に入り症状が出ることもあります。

治療法

症状が出たときは見た目が恐ろしいので気が動転してしまうと思いますが、ほとんどの場合時間の経過とともになくなっていくものなので、そこまで心配する必要はありません。
病院に行って分かった場合は点眼液を処方される程度です。

結膜嚢腫(嚢胞)とは?

結膜嚢腫(嚢胞)は結膜の下に袋のような物ができ、そこに水が溜まって風船のように膨らんでしまいます。
良性腫瘍なのであまり心配することはありません。
腫瘍が小さいうちは特に自覚がありませんが、大きくなってくると異物感が出てきます。
その際に炎症を起こして充血することがあるので、それで気が付くことが多いです。

原因

結膜のリンパ管が詰まることで起こったりします。
目を傷つけたり目の手術の後になることが多いですが、特に何もなくても起こることもあります。

結膜嚢腫は良性の腫瘍なので、必ず治療しなければいけないというわけではないのですが、異物感や見た目の悪さが気になる場合は簡単な処置をすることがあります。

膨らんだ袋を針で刺して溜まった水を排出します。
ただ、水を出すだけだと結膜に出来てしまった袋自体はなくならないので、しばらくすると再発する可能性が高いです。

再発を防止するためには手術が必要になります。
結膜の表面を切開し、嚢胞自体をまるごと取り除きます。

瞼裂斑(けんれつはん)

黒目のすぐ横の白目(結膜)の一部が小さく盛り上がっている場合は瞼裂斑の可能性があります。
瞼裂斑は少し黄色味ががって斑点のように見えることがあります。
症状があらわれることはあまりありませんが、大きくなってしまった場合はまぶたに当たってゴロゴロと異物感が生じることがあります。
また、炎症を起こし充血することがあります。

原因

原因として考えられるのは、コンタクトや紫外線を浴びることで刺激を受けたり、乾燥することによって生じます。
また、加齢によって症状が出ることもあります。

治療

瞼裂斑は特に心配するほどの疾患ではないので、症状がひどくならない限りはそのまま放置しても構いません。
病院に行って分かった場合などは、炎症を抑える点眼液を処方されることがあります。


スポンサーリンク

翼状片(よくじょうへん)

翼状片は瞼裂斑によく似た症状の疾患で、しばしば充血を引き起こします。
白目の組織が黒目の部分へ三角形のカタチをなして入り込んでいきます。

原因

原因ははっきりと分かっていないのですが、高齢者に多いということもあり紫外線が関係しているのではないかと考えられています。

治療

翼状片は悪性のものではないので、通常であれば放置していても問題はありません。
ただ、症状が悪化してきた場合は点眼などで治療しますが、根治治療には手術が必要になってきます。

また、翼状片がどんどん進行して瞳の中心まで延びてきてしまうと、乱視になってしまい見えずらくなってきてしまうので、この場合も手術が必要になります。
若い人だと一度手術をしても再発する可能性が高くなります。


スポンサーリンク

Pocket