Pocket

目の疲労感を取るにはブルーベリーなどに含まれるアントシアニンや最近注目されているルテインといった成分が非常に有効です。老眼予防や眼精疲労改善のためのサプリメント選びは、これらの成分がしっかり含まれているかが一つのポイントになります。

目に何らかの違和感を感じているなら放っておかずに早めの対策が肝心です。慢性的な疲労感から目の病気へと発展する可能性もあり、そうなれば余計にお金がかかってしまうことになりますので、そうなる前にサプリメントでサポートしていくことをおすすめします。

毎日ブルーベリーを食べ続けるのはちょっと大変ですがサプリメントなら手軽に飲めるので続けやすいですよ。

以下で当サイトおすすめのサプリメントをご紹介しているので参考にしてみてください。

suppliment


  • めなり

    評価
    配合成分 ビルベリーエキス:170mg
    ルテイン:12mg
    ゼアキサンチン:2.4mg
    アスタキサンチン:1mg
    クロセチン:0:68mg
    1ヵ月分の価格 初回特別価格 77%off
    3,980円⇒税抜907円(送料無料)
    1日あたりの価格 33円
    1日に飲む目安量 2粒


    2016年のモンドセレクション最高金賞受賞のハイスペックサプリです。
    目にいいとされるビルベリーやルテイン、ゼアキサンチンの配合量は業界トップクラスを誇ります。そして、驚きなのがモニターリピート率がなんと93%!サプリを試した人がしっかりと効果を実感しているという証拠です。

    めなりをお薦めしたい人はこんな人です。

    • 長時間のパソコン作業がつらい
    • 夜の車の運転がちょっと不安
    • しっかり寝てもなんだか重い
    • 目がぼんやりすることが増えた

    めなりのサプリは配合成分だけでなく、コスパも最強です。
    初回購入価格は77%offの907円。2回目以降も25%offの2,980円となっています。
    そして、モニターコースはいつでも休止・解約できるので安心ですよ!

    →めなりの公式ページはこちら

  • リフレのブルーベリー&ルテイン

    評価
    配合成分 アントシアニン:40mg
    ルテイン:6mg
    ゼアキサンチン:〇
    メグスリノキ:〇
    1ヵ月分の価格 初回特別価格
    税込1,000円(送料無料)
    1日あたりの価格 33円
    1日に飲む量 1粒


    2016~2017年にモンドセレクションで最高金賞を受賞!シリーズ累計1,100万袋も売れている大人気商品です。

    こんな症状がある方に特にオススメです!

    • パソコンやスマホの画面を見ると目が疲れる
    • 車の運転中に目がつらくなる
    • 読書など細かい文字を見ていると目がショボつく

    リフレのブルーベリーサプリはコスパも◎です。
    今なら初回特別価格が税込1,000円(送料無料)なので、ブルーベリーサプリが気になっていて試してみたいと思っている方には最適です。実際に飲んでいる人の口コミの評価もかなり高めです。

    →リフレのブルーベリー&ルテインを初回特別価格で試してみる

  • みやびのビルベリープレミアムα

    評価
    配合成分 アントシアニン:108mg
    ルテイン:8mg
    アスタキサンチン:1mg
    メグスリノキ:〇
    DHA:〇
    1ヵ月分の価格 税込1,687円(送料無料)
    1日あたりの価格 56円
    1日に飲む量 1粒


    みやびのビルベリーサプリはとにかくポリフェノールの含有量がすごい!
    (※アントシアニンはポリフェノールの一種)

    「ビルベリー」「マキベリー」「エルダーベリー」「カシス」「赤ワインポリフェノール」と5つのベリー成分がギュっと詰まっています。マキベリーのポリフェノール含有量は、なんとブルーベリーの約14倍!

    さらに、目に良いといわれる「メグスリノキ」「ルテイン」「アスタキサンチン」「ビタミンA・B2・E」なども贅沢にプラスされていて、飲んだその日から効果を実感する人も!

    これだけの有効成分が入っているのにわりとリーズナブルなので、無理なく続けることができるのも支持されている理由の一つです。

    →みやびのビルベリープレミアムα公式ページはこちら


眼精疲労を改善するためには

現代ではスマホの普及とともに目を酷使する機会がとても増えました。

「疲れ目」「目のかすみ」「ドライアイ」
このような症状を抱えていても、特に何の対策もせずにほったらかしにしている人が多くみられます。

仕事で一日中パソコンを見ているという人も少なくないでしょう。スマホやパソコン、テレビなどから出ているブルーライトが目によくないというのを聞いたことがあるかと思いますが、液晶を長時間見ているだけで様々な目のトラブルに繋がる可能性があります。また、仕事のストレスや食生活の乱れなども原因に挙げられます。

たまに「目が疲れたなぁ」ということはおそらくほとんどの人が経験しているかと思いますが、慢性的な目の疲れは様々な病気に発展する可能性があるので、放っておかずにしっかりとケアしていく必要があります。
まずは自分がどのような症状なのかを知って、その症状に合わせて適切なケアをしていくというのが大切です。

目の疲れと眼精疲労は別物

テレビCMや広告などで「眼精疲労」という言葉を聞いたことがあるかと思います。これは普通の目の疲れとは似て異なるものなんです。

通常の目の疲れの事を「眼疲労」といいますが、「眼精疲労」との決定的な違いは症状の重さです。「眼疲労」は一時的な目の疲れで、睡眠や休息を摂ることで自然に解消するのに対し、「眼精疲労」は肩こりや頭痛など体の別の場所に症状が出てきてしまい、それが慢性的に繰り返されるものです。

眼精疲労になると自然に改善されることは少なく、何らかの対処をしていく必要があります。

眼精疲労の原因は?

目を長い時間酷使すること

冒頭でも触れた通り、スマホやパソコンの画面を見ることが多くなったことで昔に比べて目の悩み、トラブルを訴える人が増えてきたのも事実です。近くにあるものを見続けるという行為は、ずっとピントを合わせ続けているということになりますから、目が疲れたり調整がうまくいかなくなるといったことが起こってきます。

最近ではスマホなどの見過ぎで、夕方ごろには「スマホ老眼」になる人が急増しています。これは何かというと、目を酷使し続けたことで近くの物が見えずらくなる「老眼」と同じような症状になることです。スマホやタブレットの低年齢化も進んできているので、ますます目のトラブルが増えてきています。

目の病気

目に何らかのトラブルが発生していると眼精疲労になることがあります。ドライアイ、緑内障や白内障が原因の場合もあります。また、近視や乱視、老眼が進んでくると見えずらい物をよく見ようとするので目が疲れます。メガネやコンタクトレンズの度が合っていないために起こることもあります。

眼精疲労の改善方法は2つ

まずは目やカラダをしっかりと休ませることです。目を酷使したり負担がかかることで起こってきますから、目の緊張をゆるめ、労わってあげましょう。
スマホやパソコンを見る時間を減らすのはもちろんですが、目を温めたり、マッサージをするのもいいでしょう。

もう一つは、目に良いとされている栄養素を摂ることです。目やカラダの血流をよくする食品を積極的に摂ることをオススメします。みなさんも聞いたことがあるかと思いますが、目の健康に非常に有効なのが「ブルーベリー」や「カシス」といった食品です。

もちろん食材を買ってきて食べるのも一つですが、毎日摂るのはなかなか大変だと思います。そういった場合はサプリメントを飲むのが一番簡単で続けやすい方法ですね。
目の健康を維持するのは一朝一夕にはいかないことが多いので毎日続けるということがとても重要になってきます。

Pocket